顔 たるみ 改善 予防

顔のたるみは生活習慣改善で予防しよう!簡単身近な予防方法

 

若々しい見た目でいるためには、たるみの予防改善が重要です!

 

たるみを放っておくとどんどん深刻化して、シワやほうれい線に繋がってしまい、どんどん老けた見た目になってしまいます。

 

たるみの予防改善といっても、特別なことはしなくてもOKです!日ごろの生活習慣を見直すだけでも十分たるみの予防改善はできるので、ぜひ生活に取り入れてみてください。

 

 

顔のたるみを生活習慣改善で予防しよう!

 

たるみを防ぐ食べ物、たるみの原因となる食べ物を把握しよう

 

体は食べたもので作られているので、食べ物に気を遣わないわけにはいきません。たるみの予防になる食べ物、たるみの原因となる食べ物を把握して、たるみ改善につなげましょう!

 

たるみを防ぐ為に重要となる成分は、たんぱく質です。肌を支えるコラーゲン、肌どちらもたんぱく質によって作られているんです。

 

たんぱく質源としておすすめなのが、動物性たんぱく質です。卵や魚、肉、牛乳などに含まれているので、積極的に食べましょう。

 

ただし、食べ過ぎると脂質が多い食品なので、肥満などに繋がってしまう可能性もあります。適量を食べるように意識してみてください。

 

 

 

たんぱく質というと、大豆製品などに多く含まれる植物性たんぱく質ばかり摂取する人もいます。

 

植物性たんぱく質よりも動物性たんぱく質の方が吸収率、アミノ酸構成にも優れていますので、基本的にたんぱく質は動物性のものを摂取して、植物性のものは補助的に摂取するようにしましょう。

 

 

たるみの原因となるのが、コラーゲンの減少につながってしまう糖化です。

 

糖化は体の中のたんぱく質に糖がくっついてしまうことで起きてしまい、老化など様々な問題につながってしまいます。

 

糖化を防ぐためには、糖の過剰摂取を防ぐ必要があります。お菓子などはできるだけ食べないようにして、お米なども食べ過ぎないようにしましょう。

 

ただし、全く糖を摂取しないのも体に悪いので、こちらもあくまで適切な量を摂取するということに注意しましょう。

 

紫外線からコラーゲンを守ろう!

 

紫外線は非常に強力で、肌を突き抜けてエラスチンというコラーゲン繊維をつなぐ物質を破壊し、たるみを引き起こします。

 

コラーゲンは加齢でも減ってしまいます。その減少を少しでも食い止めるために、紫外線からコラーゲンを守ってあげましょう。

 

紫外線対策で大切なことは、常に行うことです。朝や夕方だから大丈夫、紫外線の強くない冬だから大丈夫、というのは間違いです。

 

室内でさえも、窓をつきぬけて紫外線はコラーゲンを破壊します。室内では外出時のように強い日焼け止めを塗る必要はありませんが、最低限の日焼け止めは塗るようにしましょう。

 

また、紫外線もある程度は体に必要です。なので、1日1回10分程度、もしくは1週間分程度をまとめてでいいので、紫外線に当たるようにしましょう。

 

紫外線は骨を作るのを助けたり、認知症予防に有効だったりします。顔に当てる必要はないので、できるだけ日焼けの気にならない部分を当てるようにしましょう。

 

頭皮マッサージで頭皮をほぐそう!

 

頭皮マッサージを繰り返すことで頭皮を柔らかくして顔のたるみを予防することができます。

 

頭皮マッサージをするためになかなか時間をとれないという人もいると思いますので、シャンプーのついでに少しマッサージするだけでも十分な効果が期待できますよ。

 

コツは、頭皮を頭頂部に引っ張り上げるようにすることです。また、頭皮も顔の肌と同じく傷つきやすいので、力を入れすぎないように気を付けてください。

 

血行不良を防いで新陳代謝アップ

 

たるみを予防するコラーゲンも新陳代謝によってつくられますし、体に栄養を送るために血行は非常に大切です。

 

しかし、最近ではパソコンやスマートフォンの登場で同じ姿勢を長時間取ってしまう人が増えており、肩こりなどの血行不良になっている人が多くいます。

 

仕事などでパソコンを長時間使用しなければならない人もいると思いますので、できるだけこまめに背伸びなどをして血行を良くしてあげるように気を付けましょう。

 

 

リフトアップ化粧品を併用してさらに効果的にたるみケア