顔 たるみ 防ぐ コラーゲン

顔のたるみを防ぐ!コラーゲンを増やす6つの方法!

 

若々しい見た目でいたい女性にとって、たるみやほうれい線は大敵です。

 

たるみやほうれい線があるだけでとても老けて見えますし、たるみやほうれい線があるだけで人に合うのが嫌になってしまう人もいるほどです。

 

加齢によってコラーゲンが減ってしまうと、肌を支えることができなくなって、たるみができてしまい、シワやほうれい線などの原因となってしまいます。

 

なので、積極的にコラーゲンを増やすことでたるみやほうれい線は防ぐことができるんです。

 

具体的にどうすればコラーゲンを増やすことができるのかについてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

6つの方法でコラーゲンを増やす!

コラーゲンは美容にしか関係のない成分ではありません。コラーゲンは大量に体の中にあり、骨の原料にもなるので健康にもコラーゲンは欠かせません。

 

コラーゲンを増やすのには特別な方法は基本的には必要ありません。生活習慣を見直していれば、自然とコラーゲンを増やすことができます

 

コラーゲンが増えれば、肌のハリがよみがえり、若々しい見た目になることができるので頑張りましょう!

 

新陳代謝を高めてコラーゲンづくりを助けよう

 

コラーゲンも体のほかの細胞と同じように新陳代謝によって新しいコラーゲンが作られます。

 

新陳代謝が悪いと、新しいコラーゲンが作られなくなってしまうので、コラーゲンは減っていく一方になってしまいます。

 

他のコラーゲンを増やす方法を行うにしても、新しいコラーゲンを作る力がそもそも低いのではコラーゲンを増やすことはできません。新陳代謝のアップをしっかり行うようにしましょう。

 

新陳代謝を上げるには大切なことがいくつもあります。まず、睡眠時間をしっかり確保し、睡眠の質も高めなければなりません。

 

新しい細胞というのは寝ているときに作られる成長ホルモンが必要となるので、睡眠時間が不足していては成長ホルモンが作られませんし、睡眠時間が確保されていても睡眠の質が悪ければ効率は下がってしまいます。

 

しっかりリラックスして寝られるように寝具を自分に合ったものに合わせたり、香りや音楽など睡眠の効果を上げてくれるものがないか探したりしてみましょう。

 

また、新陳代謝は体温にも影響されます。体温が低いと新たな細胞を作り出すエネルギーを確保できないんです。

 

なので、運動をしたり、しっかり入浴中に体を温めたりすることが大切です。

 

新陳代謝は健康にも関係しているので、免疫力を高めるためにもしっかり新陳代謝を高めるように心がけましょう。

 

コラーゲンを破壊する紫外線から体を守ろう!

 

コラーゲンは皮膚の奥にあるので、あまり外部からの影響は受けそうにない、と思っている人は少なくないかもしれません。

 

しかし、実際にはコラーゲンは紫外線によってどんどん破壊されてしまいます。紫外線対策は肌の表面だけでなく、肌の奥を守るためにも必要なんですね。

 

紫外線対策として間違っているのが、夏やお昼など紫外線が強いとき、外出する間だけ紫外線対策をすればいいという思い込みです。

 

紫外線は、窓程度であれば突き抜けてきます。カーテンを開けて朝の陽ざしを全身に浴びたい気持ちはわかりますが、起きたらすぐに紫外線対策をするべきです。

 

また、紫外線は季節に関係なく降り注いでいます。冬や秋でもコラーゲンを破壊されてしまうので、年中紫外線対策はするようにしましょう。

 

また、日焼け止めを塗る以外にも抗酸化成分であるビタミンEなどを多く含む食べ物を食べるのもおすすめです。

 

スキンケアのし過ぎには注意!

 

スキンケアをしすぎることがたるみにつながる可能性もあるようです。リフトアップ化粧品などコラーゲンなどが多く含まれる化粧品を用いて、できるだけ簡単にスキンケアするようにしましょう。

 

とはいえ、基本的な成分が欠けているとだめなので、ビタミンC誘導体やコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどが含まれているかどうかはしっかり確認しましょう。

 

 

食べ物にも工夫をしよう

 

体は結局食べたものから作られるので、食べ物には気を付けるようにしましょう。

 

かれいの煮つけや牛筋、鶏の軟骨などコラーゲンの多い食べ物を積極的に食べるようにしましょう。他にもコラーゲンの吸収力を高めるビタミンCも同時に摂取するのがおすすめです。

 

サプリメントなども利用して、できるだけ栄養がかけないように気を付けましょう。

 

また、糖質は糖化によってコラーゲンを減らしてしまったり、老化の原因になったりします。

 

糖分の摂取は過剰にならないように注意して、糖分の多いお菓子などを食べるのは避けるようにしましょう。

 

 

ダイエットのし過ぎには注意

 

肥満はたるみや糖化などにも繋がりますので、適切なダイエットは重要です。

 

しかし、あまりにもダイエットをしすぎると栄養素が不足してコラーゲンが減ってしまったり、そもそも魅力がなくなってしまったりします。

 

痩せれば痩せるだけきれいになるわけではないということを覚えておきましょう。

 

 

関連記事

モイストリフトプリュスセラムの口コミ!目元などの効果発表ブログ