たるみと真皮ジワ、表情ジワ、ちりめんじわの違いは?

たるみと真皮ジワ、表情ジワ、ちりめんじわの違いは?

加齢などによってどんどん増えてきてしまうのが、しわです。

 

しかし、しわとひとくくりに呼んでいるものの、様々な種類がしわにはあります。

 

例えば、表情ジワ、真皮ジワ、ちりめんじわなど、それぞれ深さやいつしわが出るかによって変わってくるんです。
しわの種類によって、どうしてしわができるのかということも違い、対策も変わってきてしまうので、それぞれのしわがどんな理由でできてしまうのか、自分にあるしわはどのしわなのか、ということを知っておくのがお勧めです!

 

 

目元のしわ:ちりめんじわ

たるみと真皮ジワ、表情ジワ、ちりめんじわの違いは?

 

ちりめんじわは目元にできる細かいしわで、乾燥によってできてしまいます。

 

その様子がちりめんという生地に似ていたのでこの名前が付きました。

 

このしわを防ぐためにはとにかく保湿をする必要があります。
保湿をしっかり行っていなければ、若くてもちりめんじわはできてしまうので注意が必要です。
特に20代以降は保湿成分の減少など、乾燥しやすい肌になってしまうので、積極的に保湿をするようにしましょう。

 

保湿はしわに限らず、様々な肌トラブルに繋がってしまう原因となります。
保湿はバリアのような働きもするので、ニキビなどの炎症にも保湿は重要です。

 

特に目の周りの皮膚はしっかり守ってやる必要があります。
肌が非常に薄く、こするだけでもしわのようになってしまうことが多々あるからです。

 

ちりめんじわは他のしわよりも対策をしやすく、対策をしていればなかなかできないのでそこまで心配しないでもいいかもしれませんね。

 

表情を作ることによってできる、表情ジワ

たるみと真皮ジワ、表情ジワ、ちりめんじわの違いは?

 

表情ジワはその名の通り、表情を作ったときに顔に出てくるしわのことです。
若いうちはこの表情ジワを気にすることはなかなかないかもしれません。
というのも、若いうちは肌に弾力があるので、表情ジワができるのは笑っている時だけで、表情が元に戻ればしわもなくなるからです。

 

むしろ、笑いジワのある笑顔は魅力的な笑顔ともいわれるくらいです。

 

もともと、表情筋という筋肉が働くことによって人の表情は作られ、その筋肉はアセチルコリンによって収縮されて動くため、一時的にしわができてしまうのは自然のことなのです。
この表情筋も肌の弾力と同じく、表情を作ったときのしわを元に戻すために大切な筋肉です。

 

しかし、このしわが元に戻らなくなってしまうことがあるんです。
その原因は加齢です。
特に加齢によって筋力が弱まってしまうのが問題です。
表情筋は筋肉なので、使っていないと衰えてしまいます。そういう意味では、加齢だけでなく無表情なのも表情筋の衰えを引き起こしてしまう原因です。

 

笑いじわだけでなく、眉間にしわを寄せる表情を良くしていると、眉間にしわがくっきりと残ってしまいますので注意が必要です。

 

 

深いしわ、真皮ジワ

 

肌の表面ではなく、深いところにできてしまうしわが真皮ジワです。
深く刻まれるしわなので、一度できてしまうとなかなか改善することは難しく、予防をすることが大事です。

 

深いしわができてしまうのには二つの原因があります。

 

1つ目は肌の深い部分、真皮層にある成分の減少です。
エラスチンやコラーゲンなどが真皮層にはあり、これらの成分によって肌の弾力は支えられています。
これらの成分は肌の奥にあるのでなかなか破壊されることはないんですが、紫外線は肌を通り抜けてこれらの成分を破壊します。
また、これらの成分は加齢によって量が減ってしまいますので、加齢もこれらの成分を減少させる原因となります。
保湿などをしっかり行って肌バリアを整えていても、紫外線は止めることができないので、しっかり紫外線対策を行うことが大切です。

 

また、表情ジワなどの浅い部分にできたしわが原因で真皮ジワになってしまうこともあります。
しわができたら、その浅い深いに関係なくすぐに改善するようにしておかなければ、最初は浅かったしわがどんどん深くなってしまいますので、注意しましょう。

 

 

表情筋が肌を支えられなくなる、たるみ

たるみと真皮ジワ、表情ジワ、ちりめんじわの違いは?

 

しわとは少し違いますが、たるみは非常に老けた印象を与えてしまうもので、表情ジワと同じく表情筋の衰えによって引き起こされます。

 

表情筋やコラーゲンなどによって肌や肉などは支えられているのですが、それらが弱りきってしまうと、肉や肌を支えられなくなってしまい、肌や肉が垂れてしまいます。そのことをたるみと呼びます。

 

コラーゲンなども大切なのですが、最も注意しなければならないのは表情筋です。
スキンケアをしっかり行っているという人でも、表情筋をしっかり鍛えているという人はそこまで多くないのではないでしょうか。

 

例えば、1年間も2年間も歩かないでいると、足の筋肉はどうなるでしょうか。立つのが困難になったり、立ってもフラフラしたりするというのは簡単に予想できると思います。

 

表情筋は言葉を話したり、表情を作ったりするときに働くので全く使わないという方が難しいかもしれませんが、普通に生活しているだけでは老化には勝つことはできません。
表情筋をしっかり鍛えて、肌のハリを強化してあげましょう!

 

また、表情筋の衰えを加速してしまう習慣というものもあります。
例えばスマホなどをずっと利用していたり、人とあまり話さず無表情に過ごしたりという習慣です。
思い当たる点がある人は、しっかり表情筋を鍛えましょう。

 

また、表情筋を鍛える以外にもDMAEが配合されているモイストリフトプリュスセラムなどの化粧品を使うのもお勧めです。
筋肉を収縮させてくれるので、たるみやしわなどの予防に有効です。