コラーゲン 効果

コラーゲンにはどんな効果があるの?配合されている化粧品

 

加齢などによってたるみができてくると、リフトアップしてすっきりとした若々しい見た目になりたい!と思いますよね。

 

そんなリフトアップ効果があるということでおなじみのコラーゲンですが、本当にリフトアップ効果があるんでしょうか。

 

もともと関節や血管、髪の毛、皮膚などにはコラーゲンが多く存在しています。体全体でみると、3割程度はコラーゲンが占めているそうです。

 

しかし、加齢によってコラーゲンが作られる量は次第に減っていってしまいます。

 

それにもかかわらず、どんどん分解されていってしまうので、結果としてコラーゲンが不足してしまうんです。

 

コラーゲンが不足してしまうと、コラーゲンでできているものはもちろん衰えていってしまいますよね。

 

 

例えば関節は硬くなってしまいますし、髪の毛や爪なんかもつやがなくなってしまいます。

 

そして肌についてはハリがなくなってしまい、たるみなどができてしまうんです。

 

なので、リフトアップ化粧品などでコラーゲンの生成を促進してあげることで、肌にコラーゲンが増え、その結果たるみが解消され、みずみずしく若々しい肌になることができるんです。

 

 

美容だけでなく健康にもコラーゲンは効果がある

 

コラーゲンは肌の中に水分を蓄える働きもあるので、肌のハリだけでなく保湿にも効果があります。

 

保湿は美容にとって非常に重要で、保湿がしっかりされていない肌は肌トラブルにもなりやすいですし、肌のバリア機能もきちんと働かないので紫外線などの外部からの刺激にも弱くなってしまうんです。

 

紫外線は肌の奥まで到達してコラーゲンやエラスチンなどを破壊したり、シミやそばかすの原因にもなってしまったりします。また、紫外線は活性酸素を発生させ生活習慣病などの原因にもなってしまうと知られています。

 

コラーゲンは肌だけでなく体の様々なところにあるので、コラーゲンの生成を促進することで全身の健康にもつながります

 

例えば、コラーゲンが多く存在する関節でも、関節痛の軽減などに効果があると言われています。

 

 

コラーゲンはどうやって補えばいいの?

 

牛のアキレス腱や、鶏の皮、ウナギや豚肉などがコラーゲンの摂取にはおすすめですが、コラーゲンをしっかり摂取したいのであれば、レモンなどに含まれるビタミンCを同時に摂取することで吸収率を上げることができます。

 

しかし、たんぱく質の一種であるコラーゲンは経口摂取ではアミノ酸に分解されてしまうので、化粧品でコラーゲンを肌に吸収させたり、コラーゲンの生成を促したりすることが非常に大切です。

 

関連記事

コラーゲンを増やす6つの方法

 

 

 

コラーゲン生成を促すパルチミン酸レチノール配合。モイストリフトプリュスセラムの口コミ、効果はこちら