顔のたるみの原因 対策方法

顔のたるみの原因は?対策方法はあるの?

 

女性であれば、いつまでも若々しい肌、見た目でいたい!と思うものですよね。
そんな気持ちを踏みにじるのがほうれい線やたるみなどです。

 

どちらも一度できてしまうとなかなか改善が難しい上に、非常に老けて見えてしまいます。
すでにこれらに悩まされている人も、これらの心配をしている人も少なくはないと思います。

 

予防するにも、改善するにしてもまずはどうしてほうれい線やたるみができてしまうのかを知ることが非常に大切です。ここではたるみやほうれい線ができてしまう原因を説明したいと思います。

 

 

顔の筋肉にたるみやほうれい線の原因があった

たるみやほうれい線に限らず、しわなども年齢を感じさせてしまう原因となります。
少しでも若々しく見えるようにこれらを化粧で隠している人も多いと思います。

 

こういった問題は、顔の筋肉が弱くなることに原因があります。

 

顔には様々な小さな筋肉がはりめぐらされており、表情を作ったり口を動かしたり、目を動かしたりするために使われます。

 

これらの筋肉によって、肌や肉なども支えられているのです。

 

しかし、加齢などによってこれらの筋肉が弱くなってしまうと、徐々に肌や肉を支えられなくなってしまい、肌のハリがなくなり、しわやたるみ、ほうれい線の原因となってしまうのです。

 

 

加齢によって筋肉が減っていくのは当然

筋肉が減っていくのは顔だけではありません。
運動能力なども加齢によって下がってしまうように、筋肉は加齢によって減少してしまいます。

 

なので、しわやたるみ、ほうれい線などができてしまうのも当然のことで、仕方がないことなんです。

 

ほうれい線やたるみに限らず、太っていないのに二重顎になってしまったり、肌のハリがなくなってしまったりするのもこの加齢によって筋肉が減少することが原因です。
特に表情を作るときに使われる表情筋は顔の肌や肉を支える上で非常に重要となる筋肉で、この筋肉が衰えてしまうと一気に老けた見た目になってしまいます。

 

逆に言えば、今はまだほうれい線にもしわにも悩まされていないという人でも、今後筋肉が衰えてしまえば、そういう問題に直面することになるんです。

 

でも、加齢によって起きてしまうことだから仕方ない、では納得できない人は少なくないはず。そこで、ほうれい線やたるみ、しわなどのないハリのある若々しい肌でいるためにはどうすればよいのかを説明したいと思います。

 

しっかり取り組んでいつまでも若々しい肌でいましょう!

 

 

たるみやほうれい線対策は顔の筋肉を鍛えること!

確かに、加齢によって筋肉は弱くなっていってしまいますが、筋肉は鍛えることができます。
歳をとっていっても、筋肉を鍛えていればたるみやほうれい線を防ぐことが可能なんです。

 

顔の筋肉を鍛える、と聞いてどんなことをすればいいのかわからないという人も少なくないと思います。

 

腕の筋トレであればダンベルを持ち上げたり、脚の筋トレであればスクワットをしたりとイメージが湧きますが…。

 

顔の筋トレと言っても、ダンベルなどの器具は必要ありませんし、汗をだらだらかくようなきついトレーニングをしなければならないわけでもないので、安心してください。

 

筋肉は使えばしっかり強くなるので、年齢もあまり関係ありませんし、効果もしっかり出るのでどんな人にもおすすめです。
特に顔の筋肉についてはもともと細い筋肉なので、鍛えると効果をしっかり実感できますよ。

 

また、エクササイズなどをしなくても、日常生活で気を付けていれば十分顔筋を鍛えることはできます。

 

例えば、日ごろ食べるものを少し硬いものにしてしっかり噛んで食べる習慣を身につけたり、笑顔をしっかり作って、少し大げさなくらいの表情で会話をしたりするだけで十分です。

 

 

どんなことに気を付けて顔筋トレーニングをすればいいの?

顔筋は非常に薄い筋肉なので、いくつか気を付けておくべきポイントがあります。
これらのポイントに気を付けておいた方が、効果も出やすいので、しっかり覚えておいてくださいね。

 

・どこの筋肉を動かしているのか、ということをしっかりイメージして、意識を集中する

 

・自分の顔を頻繁に確認できるように鏡をできるだけ多く置き、外出時も持っておく

 

・顔筋は効果が出やすい筋肉で、たるみなど以外にも血流改善もみこめるので、モチベーションアップのためにも顔色や表情、健康などに変化がないか気にかけておく

 

・筋肉が熱を持ったり、ほんの少し痛みが出たりするまでしっかり続ける

 

・時間短縮のためにも、パルシングという筋肉を指で動かす運動も行う

 

顔筋のトレーニングに限らず、筋肉を鍛えるときにはターゲットの筋肉はどこなのか、どの筋肉をどう動かしているのかということを意識するのは非常に大切です。
また、筋肉トレーニングは何分やった、何回やったということ以上に筋肉が張るような、熱を持つような感覚が出るまでしっかり追い込むことが大切です。

 

効率を上げるためにおすすめなのが、パルシングという指で筋肉を揺らすように動かす運動です。
これによって時間短縮も効果アップも狙えます。
パルシングを行うときに注意してほしいのが、肌を傷つけるような強い力をかけないことです。
その刺激がしわなどの原因になってしまっては本末転倒ですよね。
顔の肌はデリケートな場所なので、くれぐれも優しく行うようにしましょう。

 

 

どのくらい続ければいいの?

せっかくやるのであれば、早く効果を感じたい、という人は多いですよね。
では、具体的にどのくらいで顔筋トレーニングの効果は実感できるのか説明したいと思います。

 

もちろん、毎回どのくらいのトレーニング時間なのか、頻度はどのくらいなのかなどで結果が出るスピードは変わってきますが、平均的には3週間程度しっかり顔筋トレーニングを行っていれば効果が実感できるようです。
毎日行えなかったり、時間が短かったりすると効果が出るまで少し時間がかかる可能性もあります。

 

基本的に、10分から15分ほどの時間を取れれば十分ですが、なかなか継続するのが難しいという人もいるかもしれません。
効果が出るとトレーニングを楽しめるようになると思いますので、なんとか3週間頑張ってみましょう。